似合う服の見つけ方

似合う服の見つけ方!おしゃれな女になれるファッションルール

 

 

 

「わっ、この服、おしゃれ!着てみたい」


 

と思って、いざ、試着していたものの、実際に着てみると、イマイチ似合ってなかったり…。

 

ファッション雑誌のモデルと同じ洋服を買っても、自分が着ると、全然違う雰囲気になっちゃったり…。

 

着たい服と、自分に似合う服って、微妙に違ってたりしますよね。

 

そこで、このサイトでは、おしゃれな女になるための「似合う服の見つけ方」をまとめてみました。

 

・おしゃれな女の似合う服の見つけ方
・骨格診断で見つける似合う服
・パーソナルカラー診断で見つける似合う服
・髪型によって似合う服装はこんなに違う
・背が低い女のおしゃれなファッションを考える
・似合う靴の選び方

 

おしゃれな女の似合う服の見つけ方

 

骨格診断やパーソナルカラー診断などで、あなたに似合う服を具体的に考えていく前に、まずは、ファッションスタイリストなど、おしゃれのプロが

 


「どうやって似合う服を選んでいるのか」

 

を知りましょう。

 

マインドセットや、買い物の時のファッションルールから、着こなしのテクニックまで…プロの知恵をまとめてみました。

 

なりたい自分をイメージする

 

まず最初に、自分がなりたいイメージを設定します。好きな女優さんや、職場の素敵な先輩など、ああいう風になりたいという理想像を頭に描いてみましょう。

 

目指したいイメージと、今の自分の状態を確認して、理想に近づくにはどういう手順を踏むといいのかを、考えてみる、ということが大切になります。

 

実際にショップで買い物をする時には、自分のライフスタイルに合っていて、リアルに着ている姿を想像できる服だけを購入します。通勤しているところや、家でくつろいでいる姿をイメージできればOK。

 

コーデを考える時には、悩みのある部分から決めていく

 

コーデを考える時には、悩みのある部分から決めていくと、スムーズにまとまります。

 

例えば、下半身にコンプレックスがあるなら、気になる部分をカバーするボトムスや靴からコーディネートを考えて、全体を決めていきます。

 

普段から、自分の好きな定番アイテムを見つけておく

 

さらに普段から、好きな定番アイテムを見つけておくと、似合う服も見つけやすくなります。

 

Tシャツやコンパクトなニットが好きなら、トレンドアイテムも定番アイテムに合う物を探すようにすると、コーディネートもバッチリ。

 

定番アイテムは、シーズンごとにアップデートしていくことも、オシャレ見えするポイントです。

 

自分に似合うパンツの選び方

 

アイテム別にみる選び方としては、パンツのサイズはウエストではなく、お尻と太もものフィット感を基準に選びます。

 

お尻と太ももが窮屈だと、パンパンになり太って見えがち。ウエストのサイズはベルトなどで調節することが可能なので、パンツは必ずお尻と太もものフィット感を確かめるようにします。

 

自分に似合うスカートの選び方

 

スカートの場合、試着してみて流行のロング丈やミディ丈が似合わない時には、アシンメトリーのスカートを選ぶようにします。

 

ロングやミディ丈が苦手な人は、ランダムに生地が重なったアシンメトリータイプだと、ロング丈スカートの重さが調節でき、全身のバランスもとりやすくなります。

 

白シャツを着ると就活生に見えてしまう人は、少し透け感のあるものや、とろみ素材を選ぶと、女性らしくこなれた印象の着こなしができます。

 

試着するのは、無理ですが、最近では、手持ちの服と、簡単に比べられるようなシステムを採用してるショップもあるので、買いに行く時間がない人は、品揃えが充実してる通販で買うのもおすすめです。

 

ショップリストの買い方!初めての会員登録〜注文までの流れをわかりやすく

野暮ったくなりがちなママファッションをおしゃれに見せる3選

 

夏や冬はともかく、春とか秋にになると、おしゃれ気分が、盛り上がりますよね。

 

でも、30代〜40代のママの場合は、20代のときのようなスタイルはちょっともう無理かな。。。なんて考えたり。

 

それでも少しはトレンドを入れながら、少しでもスタイル良く見える着こなしがしたい!

 

ママになっても手抜きしない、ママなりのおしゃれをするコツを紹介します。

 

おとなっぽいこなれ感を出せるVネックTシャツ

ちょっとルーズなオーバーサイズのVネックのTシャツを着るようにしましょう。

 

あえてメンズのTシャツを着たりするのもOK。

 

ママスタイルって、どうしてもカジュアルすぎると、野暮ったくなっちゃいます。

 

なので、大人っぽい雰囲気を出すために、首元が開きすぎないぐらいのVネックをヘビロテします。

 

足長効果が期待できるクロップドスキニーパンツ

ストレッチがきいた動きやすいパンツは、あえて丈を短くして、くるぶしが見えるぐらいまでカットしちゃいます。

 

ヒールなんか履けない、でも女性らしくしたい!と思ったときは首元、手首、足首を出すと、スタイル良く女性らしく見えますよ。

 

今年は、あえて薄い色のスキニーデニムをチョイスしたいです。

 

VネックTシャツや、オーバーサイズのシャツをトップスにして、足を細く見せることが出来ます。

 

小物使いで高見えさせるシルクストール

首からかけておくだけでも、おしゃれに見えるストールは、長方形じゃなく、あえて正方形のものがおすすめ。

 

首元にさりげなくボリュームがでるし、邪魔な時は、バッグにぐるっと巻きつけたりできます。

 

がんがん洗えるコットンではなく、あえてシルクを使うと、上品で大人っぽいコーディネートになります。

 

 

写真のシルクのストールは、私の独身のときからの愛用品。

 

それ以外は、ファストファッションでも最近はいいものが手に入るので、自分にお金をあまりかけれないママでも簡単にできる小技です。

 

デコルテに自信がないからあえて首元は見せなかったり、足が太いからスキニーは履かない。。。

 

欠点を隠していたら、どうしてもマンネリしちゃうので、あえて点は考えないように楽しくファッションを楽しむのがおすすめです。

 


このページの先頭へ戻る