似合う靴の選び方

似合う靴の選び方!幅広、甲高、華奢ほっそり(レディース編)

足に合わない靴を履いていると、痛みを我慢したり、外反母趾などのトラブルのもとになったりします。

 

自分の足の形に合う靴は、すなわち似合う靴なので、まずは足の形を知りそれに合う靴を選びましょう。

 

幅広でのっぺりの足タイプ

親指の付け根が出っ張っていて、大きめの靴を選びがち。親指のつけ根の痛みや、靴擦れによってる足裏にタコができやすい。

 

このタイプの靴選びのポイントは、履き口がV字で親指と小指の付け根が覆われているもの、甲の部分にストラップがあり、つま先がスクエア型が似合います。

 

甲部分のストラップでフィット感が高まり、スクエア型が外反母趾ぎみの足をカバーします。スリッポンタイプのローファーや、オペラシューズも幅広の足に似合う靴です。

 

甲高の足

足指の関節が曲がりぎみで、土踏まずがいつも浮いた感じがする。足の裏の指の付け根やかかとが痛くなる。甲高なので足が奥まで入らず、歩くたびに靴が脱げてしまう。

 

そんな甲高さんの靴選びのポイントは、土踏まずの部分にクッションが入っているもの。

 

履き口が柔らかく甲が擦れにくいデザインのもの。かかとを覆う部分がしっかりしていて、歩いていて脱げにくいものを選ぶことです。

 

クッション入りインソールのパンプスや、履き口がゴムになっている靴、トレンドのストレッチ素材のブーツなどがおすすめです。

 

華奢でほっそりな足

サンダルを履いて歩くと、足が前に滑る。履き口が足にフィットしないことが多い。かかとが靴擦れしやすい。

 

華奢でほっそりした足の靴選びは、かかと部分が細くて歩いて脱げにくいもの。

 

レースアップで調節ができて、甲の部分にすき間ができないもの。アンクル部分にストラップがついていて、調節できるものを選ぶようにします。

 

今年は、かかと部分にファーをあしらった、アンクルストラップシューズも流行で豊富にでています。甲部分がダブルストラップになった、デザイン性と機能性を兼ねそろえた靴も華奢な足をきれいに見せます。

 


このページの先頭へ戻る