骨格診断で見つける似合う服

骨格診断で見つける似合う服!ナチュラル、ウェーブ、ストレート

 

骨格診断とは?

 

自分を素敵に見せる、似合う服を知る理論。生まれ持った骨格や筋肉の付き方、肌の質感などの特徴をもとにして、3つのタイプに分類します。

 

「いいな」と思った服を実際に着てみると、なぜかしっくりこない原因は、カラダに合ったデザインと素材選びができていないことがほとんど。それを解決するのが骨格診断です。

 

骨格診断ナチュラルに似合う服

 

ナチュラルタイプの特徴は、フレーム感のあるスタイリッシュなボディ。骨や関節が目立ちやすく、身長の割には手足のサイズが大きめです。

 

そんなナチュラルタイプに似合うのは、肩の力が抜けたラフなファッション。こなれた抜け感を演出する、オーバーサイズの服がおすすめ。

 

タイトなサイズ感だと体がたくましく見えてしまうので、オーバーサイズのアイテムを選ぶようにします。生地をたっぷりと使ったものや、ざっくりとした質感の服が似合います。

 

ゆるニットとロングスカートの組み合わせなど、ゆるくて縦に長い旬のアイテムやシルエットを、ファッショナブルに着こなせるがナチュラルタイプ。ロング丈スカートが特に豊富な2017年の秋冬ファッションでは、自然体で女性らしい、こなれたスタイルをトレンドが後押ししてくれます。

 

骨格診断ウェーブに似合う服

 

ウェーブタイプは、華奢で体の厚みがない曲線ボディの持ち主。身長にくらべて首が長く、鎖骨がよく目立つ、女性らしさのある体型です。

 

ウェーブタイプに似合うのは、華やかなレデイーススタイル。華奢な体型のウェーブタイプは、上半身がさみしく見えないように、華やかでデコラなアイテムをコーデにプラスします。軽やかで柔らかい素材や、質感のある洋服選びがポイント。

 

女性らしい鎖骨がみえる、横開きネックラインのニットトップスや、フリルやファーなどの飾りが付いた盛りトップスがおすすめ。

 

ボトムは、体の線を拾わない、ふんわりとしたシルエットを選びます。上半身に比べて下半身にボリュームが出やすいので、ふんわりと軽やかなスカートが似合います。

 

骨格診断ストレートに似合う服

 

カラダに厚みがあり、グラマラスなメリハリ体型のストレートタイプ。すっきりとしたシンプルな服が似合います。

 

アイテム選びや着こなしは、シンプル・引き算・上質の3点をポイントにして、上品さや大人の女性らしさを全面に押し出すコーディネートを意識します。

 

飾りやボリューム感のあるアイテムや、スキニーのように肉感をひろうものは着太りして見えるので、大きすぎず小さすぎないジャストサイズの服を選びます。

 

アイテム選びもコーディネートを考えるときにも、縦に長いIラインシルエットを意識すると、洗練された上品な服装になります。

 

VネックニットにIラインのスカートといった、シンプルなのにクラス感のある女性らしいコーデが、ストレートタイプの人にはオススメです。

 


このページの先頭へ戻る