背が低い女のファッションをおしゃれに見せる

背が低い女のファッションをおしゃれに見せる「着こなしのコツ」

背が低いと、コーデのバランスをとるのが難しかったり、似合う服が少なかったり、小さいがゆえのおしゃれの悩み、アレコレありますね。

 

そんな悩みもちょっとした工夫で、おしゃれ見えする、着こなしのコツがあるので紹介します。

 

簡単で効果大なウエストマーク

 

ベルトをするだけで、腰高な印象に変わり身長を高く見せてスタイルアップ。

 

ゆるニットやワイドパンツを着る時には、ウエストをキュッと締めてウエストマーク。

 

同時に小さいがゆえの華奢さをアピールして、女の子の可愛さを演出します。

 

ゆるっとしたニットは、インするよりもウエストマークが今っぽくキマリます。

 

3首の肌見せで抜け感

 

手首、首もと、足首の「3つの首」を出して肌見せをすることで、ほどよい抜け感をつくります。

 

服に着られている状態になりがちなSサイズさんは、少しの肌見せで作る抜け感で、おしゃれ度がグッとアップ。

 

シャツは腕まくりをして手首を見せ、首もとはデコルテをきれいに見せるVネックをチョイス。ヘアはまとめ髪にして、大ぶりのイヤリングで視線を上に持ってくるのもポイント。

 

パンツの裾はゆるめに折って、足首を見せるとロングカーデも軽やかな着こなしになります。

 

小物使いで視線をアップ

 

着こなしが難しそうな服も、小物を味方につけると自分らしくおしゃれに着れます。

 

かぶるだけで高さがだせる帽子は、どんどん被って体の一部にすると簡単におしゃれの幅も拡がります。つばが広めのカンカン帽は、上品な印象になりどんな服装にも溶け込みます。

 

大きなバッグを持つ時には、マチが薄いタイプを選ぶと、バランスがとりやすくなります。

 

コーデにはずせないヒールは、チャンキーヒールを選び、歩きやすさとおしゃれな足もとを両立。

 

チャンキーヒールは、秋冬ファッションでも人気の靴です。


このページの先頭へ戻る